JINSで遠近両用メガネを作る(2)

先週末に頼んでおいたメガネが出来上がりましたので、引き取りに行ってきました。

JINSの遠近両用メガネ

こんな感じのフレームです。

実際に使ってみての感覚なのですが・・・

やっぱり遠近両用メガネは慣れが必要なのかな?

レンズの上の方で遠くを見る、レンズの下の方で近くを見る。
これが基本なのですが、丁度中間地点とでもいうところから上と下を切り替える時にかなりボヤーっとして見えるのです。
それと、足元を見る時。
例えば靴を履いたり、エスカレーターに乗る時は、レンズの下の方で遠目を見ることになるので結構ボヤケた感じがして危険?とでもいうか。

通常(近視)は、遠くを見るときも近くを見るときも、顔を動かさないで目線を動かす。
レンズの下の方(老眼)を使って足元を見るのは危険なのでその際は顔を動かしてレンズの上か中間地点を使って見るようにするという使い分けをしなければいけませんね。

慣れるまではなかなか大変な感じがします。

今回作った、遠近両用眼鏡のお値段ですが

フレーム 7900円
遠近両用レンズ +5000円
ブルーライトカット加工 +4000円。
全部で税込み18,252円になりました。

同年代の方のご参考になればと思います。

あ、そうそう。
JINSでは、6ヶ月以内だと、フレームとレンズの交換が2回まで保証されるそうです。(フレーム、レンズあわせて2回まで)

JINSの安心サポートについて

使用していて、あまりに違和感を感じる場合はレンズ交換も2回まで出来るというのは、安心ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク