テレビドラマ「黒井戸殺し」を見て「アクロイド殺人事件」を再読

先週土曜日に放送された三谷幸喜脚本、野村萬斎主演、アガサ・クリスティ原作の「黒井戸殺し」

原作は名探偵ポワロシリーズの「アクロイド殺人事件」

中学生の頃に読みましたが、「これってあり??」という衝撃的な結末だけは覚えていました。(ラスト以外ほとんど忘れていた(笑)

出展 Tver

野村萬斎の勝呂尊=ポワロは、前回のオリエント急行殺人事件同様癖が強い演技で魅せてくれます。
共演者も豪華で、大泉洋、草刈民代、斉藤由貴、藤井隆など誰が犯人でもおかしくないオールスターキャスト(これはクリスティ物では必要な配役)
原作を知らない人は、誰が犯人かと考えて見て、ラストには驚いたのではないでしょうか。

今回も大変面白かった。
ぜひ、シリーズ化して欲しいものです。

「黒井戸殺し」は、Tverで今週土曜日4/21まで無料配信していますので見逃した方はどうぞ。

原作は「アクロイド殺し」「アクロイド殺人事件」等タイトルが違うものがありますが内容は同じです。

アマゾンの電子書籍で購入して久しぶりに読みましたが、色々な発見がありました。
中学生の頃に読みふけった、クリスティや、エラリー・クイーンを読み返してみるのも楽しそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク