Windows10のアップデートでNASが消える?

先日新しく組んだWindows10のサブPCですが、インストール直後はいろいろなトラブルがありました。

その中でもあせったのがネットワーク上に繋いであるハードディスク=NASがみつけられないというトラブル。

なんでだろ?と調べてみたら、

  • ブラウザからIPアドレスを打ち込んでもアクセスできない
  • コマンドプロンプトからは見える

という矛盾した状態。

検索して原因をしらべてみたところ、どうやらWindows10のアップデートで、Sambaによるファイル共有がデフォルトで無効になっているかららしい。

なんでこんな事するかな~

便利に使っているのに急に使えなくなるとかもう訳が分からん。Windows止めたいわ。

と、そんな事言っていてもしょうがないので、解決方法を

  1. スタートメニューから設定を開く
  2. Windowsの設定画面からアプリを開く
  3. アプリと機能の画面の一番下の方にある関連設定ープログラムと機能を開く
  4. プログラムと機能画面の左側にある、Windowsの機能の有効化または無効化を開く
  5. Windowsの機能の有効化または無効化画面で、SMB 1.0/CIFSファイル共有のサポートにチェックを入れる

これでNASが見えるようになります。

他にも、.NET Frameworkの古いバージョンもデフォルトでは無効になっているので必要な場合、同様の手順で有効化できます。

しかしどんどん使いにくくなってるよな。Windows。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク