Amazon Kindle Storeで書籍を購入してKindleで読書(14)高嶋哲夫「首都感染」

STAY HOMEで家にひきこもることが多くなっていますが、当然の事ながら動画や本を読んでいる事が多くなります。

外出できないことでブログのネタも無いし、とりあえず読んだ本やマンガや、見た映画やドラマの事でも書こうかと思います。

今回はテレビでも紹介されていた

首都感染

二〇××年、中国でサッカー・ワールドカップが開催された。しかし、スタジアムから遠く離れた雲南省で致死率六〇%の強毒性インフルエンザが出現!中国当局の封じ込めも破綻し、恐怖のウイルスがついに日本へと向かった。検疫が破られ都内にも患者が発生。生き残りを賭け、空前絶後の“東京封鎖”作戦が始まった。

書かれている内容が本当に今の状況と似ているんですが、日本の対応は全く別物で今の日本が情けなく・・・

さすがに小説ですから小説らしい展開もあるんだけど、それくらいの事しなかったら短期間での収束は無理なのではと感じてしまいます。

あくまでエンターテインメントですが、一読をオススメします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク