お客様のパソコン設置サポート

震災から9年の日でしたが、先日パソコンを購入されたお客様先で設置サポートでした。

昨日は日曜日でしたが、お客様から9年間使っていたパソコンの調子がおかしくなったので買い替えたいというご相談でショップまでお付き合いしてサポー...

新しいパソコンを導入した際、真っ先にやることが

ファイルの保存先変更

ドキュメントやピクチャなどの保存先をCドライブからデータ保存用のドライブに変更すること。

最近のパソコンは、起動ドライブ(C)にSSDを使うことが多く、容量は250GB前後が一般的。

ところが、ドキュメントやピクチャ、ビデオなどのデフォルトの保存先は(C)ドライブが初期設定ですので、むやみにデータを保存しているとすぐにいっぱいという事も。

それもこれもマイクロソフトが、インストールの初期設定でデータの保存先をクラウド(OneDrive)に指定させるというあくどい手法をとっているから。

Office365にしろ、Windowsのバージョンを上げないでサブスクでせ●く金を集めようという姿勢は万死に値する!w

いやいや言いすぎたかな。

でもさ、実際酷いと思うよ。お客様に教えるという事がなければもうWindowsは使いたくないって思うし。

あ。。。怒りで話がずれました。

データの保存先を変更するには、エクスプローラーでPCを開いて、そこで表示されるファイル(3Dオブジェクト、ダウンロード、ドキュメント、ピクチャ、ビデオ、ミュージック)のアイコンを右クリックしてプロパティを選択

表示されたウィンドウのタブから「場所」をクリックし移動を選択

データ用のドライブを指定し、新しいフォルダーを作りそれぞれの名前(例えばドキュメントならドキュメント)にして、選択してOKを押していけば変更完了です。

常にデータを保存するときはそのフォルダーを指定するのがポイントです。

そうしておけば、数年後にパソコンを新しくする際にもデータをコピペするだけで済みますので。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク