実際は表示金額の3倍 葬儀サービスの話 その2

スポンサーリンク
スポンサーリンク

さて告別式のみ通夜なしの一日葬プラン約330,000円のプランで打ち合わせを始めたのですが、そこに様々なオプションが追加されてきます。

一日葬の費用や流れ|葬儀・葬式なら【小さなお葬式】
小さな一日葬の料金や流れ・特徴を紹介します。一日葬とは通夜式をせず、告別式から火葬までを1日で行う葬儀プランのことで、ご高齢や遠方の方などの負担も軽減できる上、故人さまとのお別れもしっかりとできます。葬儀のご相談を無料で365日24時間対応!葬儀・葬式なら小さなお葬式へ。

まず火葬場(葛岡)の空き状況と暦の関係(3日後が友引)で、火葬まで4日かかるということで、その間に遺体を冷やすドライアイスが追加料金になります。

次に基本プランだと花の量が少ないですよと言われ追加。

また、遺体を棺に収める前に死装束?(白い着物やわらじを履かせる)を整え綺麗にするような化粧を施すのがオプション料金で約10万円。

会葬御礼品(いわゆる香典返し)が一つ3,500円×50人分(これは余った分は後で精算できる)

そして告別式にお坊さんに来ていただいて読経と戒名を頂くのに約90,000円。

その他にも諸々とオプションがついて結局当初の表示金額の約3倍弱のお金が掛かりました。

ほぼ近親者のみに参列していただくような小さなお葬式でも100万円近い金額が掛かると考えておいた方が良いみたいです。もちろんお香典を頂きましたのでそれよりは低くはなりますが。

と、いうことで自分はその後すぐにイオンのお葬式の早割会員に入会しました。

【イオンのお葬式】葬儀・家族葬なら『イオンのお葬式』全国約600の優良葬儀社がご担当
【公式】イオンのお葬式は「価格・品質・今後」3つの安心をお約束いたします。葬儀・お葬式のご依頼は、全国の斎場・葬儀場をご利用いただけるイオンのお葬式にお任せください。深夜・早朝でも速やかにお迎えにあがります。

自分の場合は火葬だけで良いかな。それを書いて子どもに残しておかないと駄目ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました