Windows10でWindows Live Mailを使うには

本日はお得意様先でパソコンのリプレイス(乗り換え)のサポートでした。

今まで使っていたWindows7(旧PC)から新しく購入したWindows10(新PC)のパソコンに環境を移行する作業ですが、前回書いたように2台をLANでファイル共有することで旧PCのから新PCへデータをコピー。

こちらの記事通りに共有設定する事でいとも簡単にデータの移行は完了しました。

それと並行して、プリンターのインストールや利用しているアプリのインストールと設定をしていったのですが、最大のポイントはメールソフトの移行でした。

お客様が使っているメールソフトは、Windows Live MailでしたがWindows10のメールアプリは「メール」というアプリ。

どうにも使い勝手が宜しくないというアプリです。0

どうにか使うことはできないかと調べてみたところ、Internet Archiveにまだ残っていたのでそれをダウンロードしてインストールしました。

Windows Live エッセンシャル

Windows Live Mailは、 Windows Essentials 2012の中に入っているので上記のインストールプログラムの選択画面で、メールにだけチェックを入れれば余計なプログラムは入りません。

インストールした後は、旧PCののデータを新PCにコピーして今までのメールを見ることができるようにします。

データの場所は、

C:\Users\ユーザ名\AppData\Local\Microsoft\Windows Live Mail

このフォルダをコピーして新PCの同じ場所にペーストすればそれだけでOKです。

他にも住所録ソフトのデータのエクスポートとインポートなどいろいろと面倒が事がありましたが、比較的スムーズに移行が完了できたかと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク